ダイエット中のおやつの取り方

【投稿】rin様(26歳、女性)

ダイエット中でもおやつはどうしても食べたいです。
根性が無いと言われるかもしれませんが、おやつ抜きとか考えられません。
私のような人は決して少なくは無いと思います。
という訳なので、少しでも太りにくい食べ方をするように心がけています。

まず、夜遅くに食べないということです。
特に午後10時以降のおやつは危険です。
人の体内には、脂肪細胞に脂肪をためこむビーマルワンというたんぱく質があります。
このたんぱく質は、夜10時以降になると増え始め、深夜の2時くらいに最大になるそうです。
つまり、この時間におやつや高カロリーのものを食べると脂肪がつきやすいということです。

逆に、1番ビーマルワンが少ないのが午後3時頃なんです。
その頃におやつを食べると太りにくいというわけです。
同じ食べ物でも夜10時以降に食べるのと午後3時頃に食べるのとでは太りやすさが20倍も違うというんだから驚きです。
よく「3時のおやつ」なんて言いますが、あれは実は結構正しいことだったんですね。
3時あたりにカロリーの低いおやつをチョイスすればもっと効果があると思います。

でも深夜にどうしてもお腹がすいてしまうなんていうこともあるかと思います。
そのまま寝てしまえればいいんですが、寝れないほどお腹がすいたり…ということもありますよね。
そんな時は温めた豆乳やホットミルク、スープなどを飲むととりあえず落ち着きます。
冷たいものよりも温かいものの方が満足感を得られます。
スープはコーンスープでも良いですが、わかめスープやたまごスープ、コンソメスープ、味噌汁、お吸い物などがオススメです。
春雨スープも良いと思います。
私は何も無いときはお茶漬けの素にお湯を注いだだけのものを飲んだりします。(ちょっとしょっぱいので量を加減して下さい)
これからの季節はおでんが美味しいですが、意外と高たんぱく低カロリーのものが多いので食べても比較的安全です。
どうしてもご飯ものが食べたいときはお粥なんかも良いと思います。

食べたいときもありますが、カップ麺、スナック菓子、菓子パンなんかは夜中には絶対食べないように心がけています。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ