半身浴で冷えを取る

【投稿】acko様(56歳、女性)

冷えを取り、体全体の血のめぐりをよくすれば、さまざまな不調が改善され、健康になるといわれています。

冷えを改善する有効な方法として半身浴があります。半身浴の健康効果はかなりのものらしいです。

まず、温度は39度くらい。体温は37度くらいですから、それよりも高い温度で体の芯をあたためます。これより高すぎると、長時間入っていると体にとってはよくない温度です。体が芯までしっかりあたたまり、しかも体が受け入れてくれる温度が39度前後という温度だそうです。私は40度くらいにしたいところなのですが、何とか39度でがんばっています。

半身浴では、お湯に浸けるのはみぞおちくらいまで。胸まで浸けるとのぼせてしまい、長時間入っていることができません。短時間の半身浴では体の芯まであたたまらないのです。また、腕も浸けすぎるとのぼせやすいので、あまり浸けないようにするのがベターらしいのですが、腕はすぐに浸けてしまいやすいですね。

半身浴の時間は20分以上。できれば30分くらいは浸かっているのがよいとのことで、私はここもがんばっています。慣れてくると1時間以上入っていたら、体の毒が出て、疲れもとれ、また風邪のひき始めにも効果を発揮するそうですが、日常生活の中で1時間をとるのは大変ですよね。私は専業主婦なので日中に入ればいいのかもしれませんが、何だかぜいたくをしすぎているようで、そうする勇気がありません。

それでも、寝る前に30分ほどの半身浴をするだけで、眠りの質が全然違ってきて、翌朝は体が軽く感じるほどです。何かの都合で10分程度しか入浴できなかった日とは格段に違うことがわかります。

冬の半身浴は寒いと感じることもあるので、できれば浴室を湯気で十分に温めておいたり、肩からタオルなどを羽織ったり、半身浴と全身浴を交互にしながらときどき上半身を温めるのもよいと思います。私はお風呂から上がる直前にお湯の温度を41度くらいに上げて、全身を軽くあたためています。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ