保水

【投稿】青髭38号様(38歳、女性)

最近、暖房がぼんぼんたかさる室内が熱い季節になってきました。
そのためにか、顔の肌が乾燥しがちになってしまいます。
昔は、そのようなことは一切なかったのですが、やはり私も30代後半なので
年のせいなのでしょうか。
更に、仕事がらパソコンを使うことが多いので、そのパソコンの余熱+暖房で
よりお肌が乾燥しやすくなってしまいます。
つまり、お肌の保水能力が空気の余熱による乾燥に負けているという現象が起きています。
私の肌の保水能力を毛穴の大きさによって測るとすると。
毛穴の大きい人を、向かい合ったときに毛穴が見える人とします。
一方、毛穴のない人を触ったときにつるつるしている人とした定義したとき。
大体2つをたして2で割ったような保水能力になります。
注意)ここで、毛穴が小さいほど、保水能力が高い人とみなしています。
そういえば、お母さんはずっと肌がきめ細かくて、つるつるで冬場にも乾燥しないでずっと生活しています。
これは、お母さんが生まれ持って肌の保水能力が高いことにくわえて、
10年ほど前から毎朝つかっている、あの美顔器のせいではないかと
思って、そこで私もその美顔器を使ってみることにしました。
美顔器の使用方法としては、まず、まんべんなく顔全体に美顔器用のジェルを塗り、
それから、真空管のような形状のガラス管に電流をながして、それを顔の肌に充てて、
2分間ほど肌をマッサージします。肌とガラス管が触れ合うと、ジージーという音がするので、
それを私はジージーと呼んでいます。ジージーをするときは、美顔器からでるスチームを
顔全体に浴びながらするので、お肌のジージーによる刺激とスキームによるうるおい保水効果を
同時に体験することができます。ジージーが終わると、一旦洗顔をして、更に2分間ほどスチームを浴びます。
かなりメンドクサイプロセスなので、10年間無用のものとみなしてすごしてきましたが、
この保水力の低下により、使わざるおえなくなってしまいました。
美顔器をやったあとは、肌が潤って保水効果は出ていると思われますが、
まだ実戦して1日目なので数時間ごにはちょっと乾燥してきてしまってるようです。
長く続けて、効果のほどを観測してみたいと思います。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ